検査対象
最近2週間に新型コロナウィルスを疑う症状がない方

  • 高齢者やがん、糖尿病などの疾患で、免疫力が落ちている患者様およびそのご家族
  • 心血管系疾患(心筋梗塞や脳梗塞など)、呼吸器疾患(COPDや喘息など)、喫煙者など新型コロナウィルス感染で重症化のリスクを抱えている方
  • 海外出張や海外留学、海外旅行の際に免疫パスポートを必要とする方
  • 過去に発熱や咳が続いたが、PCR検査を受けるまでには至らず、その時の症状が新型コロナウィルス感染であったかどうかを心配されている方
  • 高齢者や乳幼児と関わる職種で、職員からの感染可能性を心配されている施設様
  • 三密(密閉、密集、密接)を避けられない職種で、既に感染していないか心配されている企業様
  • 社内の勤務体制に関する判断(通勤か在宅勤務など)にお悩みの方(法人様または企業様
  • ※現在あるいは最近、発熱や咳、頭痛や下痢、味覚障害や臭覚障害などの自覚症状がある方は保健所の帰国者・接触者相談センターに相談されるか、所定の発熱外来を受診してください。

    抗体検査とは
    ・PCR検査や抗原検査とのちがい
    PCR検査と抗体検査の違い

    PCR検査は現在新型コロナウィルスに感染しているかを調べるのに対し、抗体検査は過去に感染していなかったかを調べる検査です。KICCでは1ヶ月以上前の感染で獲得されるIgG抗体だけでなく、さかのぼって約2週間前の感染を反映するIgM抗体も調べることにより、症状がなくてもウィルスを保有し、感染させる可能性がある方を拾い上げることに務めています。
    現在、保険承認が認められていないため、全額自費となります。

    ・検査方法
    指先に細い針を刺して、たった1滴の血液を検査キットに垂らすだけで検査が可能です。
    ※細い針を指先に刺して1滴の血液で検査することが可能ですが、検査を追加する場合もあり1cc採血をすることをおすすめします。
    ※検査を行う医療従事者側はマスク、フェイスガードあるいはゴーグル、防護服を着用し、万全の態勢で検査を行います。
    ※稀に24時間以降に淡く抗体陽性を疑う淡いラインがみられることがあります。その場合は速やかに連絡いたします。

    新型コロナウィルス 抗体検査の費用

    精密抗体検査(キット + 血液検査による抗体価測定+CRP値測定) 12,000円【2021年1月更新】
    キットによる定性評価(抗体の有無)に加え、血液検査による抗体の量、炎症の指標であるCRP値を測定します。キットでは捉えきれない微量の抗体を捉えることが可能であるため、過去の新型コロナ感染のスクリーニングとして有用です。
    また、既に感染した方が現在どれだけ抗体を保有しているかを定量的にモニタリングすることが可能です。

    簡易抗体検査(キットのみ) 15,000円 → 8,000円【2020年12月更新】
    従来のキットによる定性評価。過去に感染したかどうかを評価します。

    既に感染した方向け精密抗体検査(キット + 血液検査による抗体価 + スパイク抗体価測定) 15,000円
    既に感染した方が現在抗体をどれだけ保有しているかを定量的にモニタリングするだけでなく、 再度感染した際に重篤化させる可能性があるスパイク抗体( 悪性の抗体 )の占める割合を調べることが可能です(現時点では研究段階です)。

    PCR検査とのセット価格
    唾液PCR検査 + 簡易抗体検査のセット 32,000円
    唾液PCR検査 + 精密抗体検査のセット 35,000円

    お問い合わせ先
    神戸国際医療連携 クリニック
    fukushima@kicc-medical.jp
    TEL. 078-221-5777 (お電話受付時間:8:00~18:00)
    ※検査中はお電話に出られない場合がございます。改めて折り返しのご連絡をいたしますので、番号通知が残る形でおかけください。

    新型コロナウイルス検査
    PCR検査
    抗体検査
    出張・往診サービス
    感染予防•重症化阻止対策

    PAGE TOP