去勢抵抗性前立腺がんの患者様に対する
神戸国際医療連携クリニック( KICC)の4つのサポート

  1. 国内外で行える治療法を提案

    現病歴や既往歴、処方内容、血液検査、画像診断レポートなどの臨床情報をもとに、国内で行われている臨床研究や臨床治験など、PSMA治療を検討する前に日本で行える治療法がないかをご提案します。

  2. PSMA治療の適応を判定

    PSMA治療が適応すると判断した場合には、提携先であるドイツの大学病院に臨床情報を送り、泌尿器科、腫瘍内科、核医学科などの専門家が集まるカンファレンスに症例を提示し、PSMA治療が行えるかの最終判断を仰ぎます。

  3. 海外の治療をコーディネート

    ドイツの大学病院でPSMA治療を行う場合には、患者様のご希望を伺いながら、現地のドクターと直接やりとりしながらスケジュールを調整。できるだけ費用を抑えて渡航できるように日程を提案いたします。

  4. 現地での治療の全面的サポート

    体調面の不安や言語の問題で渡独を悩まれている患者様には、医師あるいは看護師が同行し、現地での医療相談などを含め、不安なく治療が受けられるよう全面的にサポートいたします。

〒650-0002 神戸市中央区北野町1
ANAクラウンプラザホテル1階 新神戸メディカルビレッジ内
※地図アプリでお越しの方、お車でお越しの方は目的地を「エーエヌエークラウンホテルプラザ神戸」に設定してください。

TEL. 078-221-5777
FAX. 078-221-7077

午前
午後

診療時間
月・火・木・金・土曜日 
9時〜12時
水曜日         
8時〜10時

PAGE TOP